イベント ニュース 芸能人

【力士の酒会】日馬富士と白鵬の性格が合うから仲良くて飲み合う

投稿日:2017年11月29日 更新日:

スポンサーリンク



貴ノ岩と日馬富士がお酒の席でやりあって、貴ノ岩の方が病院送りになったのが11月の初旬になります。

そこから10日経過した11月5日から、5日間ほど貴ノ岩は福岡の病院へ入院をしていました。

まさかモンゴル人同士の力士で集まる飲み会の席で、病院送りになるくらいのケンカが起こるなんて思ってもいませんでしたね。

 

この酒の席で怒り狂った日馬富士は、もしかしたらお酒が弱くて、もしかして飲むと手が出てしまうたいぷなんでしょうか?

横綱のモンゴル人力士の1人である日馬富士が、どれくらいお酒が強いのかちょと見ていきましょう。

■日馬富士の酒豪伝説!

 

相撲を取っている力士の方たちは、そろって皆さん酒がとっても強いです。

ただその中でも、日馬富士はぶっちぎりで相撲界の中でも酒が強いようです。

相撲界の中で、酒が強いとなると、はっきり言ってたる酒1つを1人で全部飲むんじゃないかと思えるくらいに強いですよね。

 

どれくらい強いのかというと、日馬富士は同じくモンゴルからの横綱朝青龍に酒を飲みすぎないように、諭されたそうです。

この朝青龍自身が、ご存知のように酒のトラブルで引退にまで至った経歴を持っているくらいに、酒はとても飲むんですよ。

だってこの朝青龍はどれくらい飲むかというと、3時間で3升半を飲むくらいです。この3升半ってどれくらいの量かというと、約6,3リットル!

 

3時間半で6リットル以上も飲むんですよ。
びっくりしますけど、本当です!6リットルって、500mlの缶ビールが12本。

これを1人で3時間半で飲むくらいの酒の強さです。

そんな朝青龍から、酒を飲みすぎないように諭されていたんですね。そしてこの朝青龍自身も、あの一件の酒での事件の後は、禁酒をされて酒を飲むのをやめられたそうなんですよ。

 

酒ってかなり飲む人なら特に、やめにくいものなんですが、やっぱり相撲界で横綱になるくらいの方だと、精神力が強いんですね。

■日馬富士は、酒の強さは国技の相撲界で1番強い?!

今回のように酒の席でケンカのような事態になって、報道されるなんてあまり見たくはないですよね。

ただ、相撲界だともし優勝した場合は、千秋楽がおわるとそのまま飲んで明け方の記者会見に登場するときは、顔が真っ赤になって登場していました。

 

もちろん力士ですから、かなり飲めるといっても真っ赤な顔で登場してきたりすると「横綱だなあ。」って敬意を払うというより、「酔っ払いだなあ」って思ってしまいます。

 

ただ、この相撲っていうのはもとは江戸時代の頃は神社や寺がその金銭を集めるために行っていた「歓進相撲」が由来になります。

その頃は、江戸の1624年に四谷にある長善寺という寺で、始めたのが一番最初の始りなんですね。

 

お寺で始まったものだとは知らなかったんですが、観客が絶えることなく、人気がある競技になったこの相撲も、力士同士のケンカが止まることがなかったんですよ。

 

その勝敗を言い合いになって、力士同士がけんかになるのは、まだわかるんですが、江戸時代の初期の頃の相撲は力士と観客もケンカになることがあったようで、背景には半幕府の体制を取っていた集団との関係が濃くって賭博などにも結び付いていたんですね。

そのために、1648年頃から、相撲の禁止令が出ました。このころの相撲というのはケンカが当たり前の風物詩で、それ自体を見世物として観客を呼び込んでいたんです。

 

そしてあまり知られてないんですが、この1600年代は相撲というのが、博打だったために、その輩の資金源だったんんです。

今はそんなことはないですが、要するに競馬での勝ち負けの感覚に、江戸時代の相撲は似ていたのではないでしょうか。

 

この相撲が、大相撲として国技になっていったのは、明治からになります。

それは、どうして賭博だったものが国技へと移っていったのかというと、国技になると途端に国からの支払いによる税金が、有利になるために賭博の真逆にあたる国技へと昇華させていったんですね。

 

要するに今までは賭博だったときは、その稼いだ分だけ国へと支払う必要があった税金が、国技になると国から支払われる力士や職員への給与の手当へと変わるんです。

このように賭け事の一つとして見られてきた、相撲が国技に変貌すると力士は賭博の対象ではなく高貴な人へと変わっていったんです。

 

なので土俵入りであるとか、そのあとに手をたたいて相手と向きあっていく一連の流れは、儀礼的になっていったんですね。

■モンゴル人力士同士で酒を飲んでた

 

今回のモンゴル人達の力士が集まって飲むお酒の席は、実はモンゴル出身力士のた元小結・旭鷲山のダバー・バトバヤルさんが初めて関取へと成ったときに少人数ではじまったものなんですね。

これは当時から20年以上も長く続くモンゴル人だけの飲み会で、旭鷲山のダバー・バトバヤルさんが十両に上った後に、同じ部屋の元関脇・旭天鵬(現・友綱親方)と元幕下・旭天山でお酒を飲むようになったそうなんです。

スポンサーリンク


 

この当時は都内にある伝統的なモンゴルの大使館で年明けに集まって皆で飲んだり、巡業している地方先でも飲んだりして年間に数回の飲み会を開催してたみたいなんですね。

 

当時はまだ初期の段階だったからかもしれないんですが、「けんかや暴行は一度もなかった」と旭鷲山は言っています。

この飲み会の席がだんだんと人数が増えていって、最近は鶴竜や横綱の白鵬が一緒に飲んでいたそうなんです。日本に来たモンゴル人同士で酒を飲んで、気晴らしをしていたんですね。

 

国技である相撲を、海外から来て取り組んでいるわけですから、それはアメリカでベースボールをしに行く野球選手の感覚に似てると思います。

 

日本人の野球選手も恐らくアメリカで、それぞれが敵チームだったりしますが個々人のつながりを持って食事会や飲みに行ったりしてるでしょうね。

文化や風習が違う国に行った時に、心のよりどころまではいかなくても、ストレスの解消として同じ文化を持って育った同国人と交わることは、珍しくない行為だと思います。

 

アメリカでは3連戦などで、一緒にプレーしたときに、食事を一緒にしたりするそうですから、アメリカの方が同国同士のつながりの活動は活発ですね。

今後は日本の相撲界でも、海外の力士に対しての在り方は変える必要があるのではないかと思っています。

 

それは、どこかよそ者感を外人力士には感じてしまうから、このままだと日本って海外からの移住者が増えるのに、肌が違うとまだまだ「異国の人」の感覚が抜けないままになってしまうからです。

 

■まとめ

異文化の異国の地で、上位ランクに立ったうえでそのお国柄のスポーツをしたら、それは精神的なストレスは自国でやるよりも遥かに大きいと思います。

そのため、お互いが土俵に立った時は敵同士だとしても、土俵を離れたら味方のように、飲み会をしたりはしますよね。

 

ただ、それ位に過酷だとも思う環境だからこそ、それぞれが敵だとしても互いを認め合って飲み会や食事をするべきです。

今回のように、口論とかではなくてビール瓶で殴った、とか病院へ入院した、なんて大きなケンカになると話は全く変わってきます。

 

お互いが、まったく違う国で頑張っているのを認め合っているわけですから、今後は敵同士だとしてもケンカなどにならないように、一つ決め事になるような線をひいてほしく思います。

 

なぜかというと、今後モンゴル人がいなくなれ!とは思っていないので、日本の伝統文化である相撲を面白くしてくれる1人の力士として立ち居振る舞いから改善してほしいと強く願うからです。

これからのモンゴル人力士達の動向には、今まで以上に注目が集まるかと思います。

 

これを読んでる方は、こちらもお読み下さい。

★気に入ったらシェア、お願いします!

-イベント, ニュース, 芸能人
-, ,

執筆者:

関連記事

鬼塚雅の父は職業が自営業?妹の鬼塚貴理はプロゴルファー!

スポンサーリンク 鬼塚雅選手って知っていますか? スノーボード界では有名な選手なんです。 この動画は、海外のテレビ番組でも絶賛の鬼塚雅選手の様子が映っていますね。   そしてまだ鬼塚雅選手の …

相撲の八百長をした力士に千代の富士も!八百長した力士リスト!

スポンサーリンク いま大相撲がとても八百長疑惑で揺れていますね。2017年からはじめて起きた出来事ではなくて、実はずいぶんと古い昭和の頃からありました。   しかもそういう八百長に加担してい …

戸田恵梨香と関ジャニ村上信五が交際破局後の復縁!【写真あり】

スポンサーリンク ドラマの共演がきっかけで付き合ってた、なんて事は結構芸能界ではよく聞くことですよね。 そんなドラマの共演がきっかけで、戸田恵梨香さんと村上信五さんが付き合ってたのが結構昔ですが、そこ …

小林武史ap bankにより文化賞受賞!東京メトロCMも作曲

スポンサーリンク 日本を代表する、音楽プロデューサー小林武さんと言えば、今まで名曲を生んできた方ですよね。最近では、東京メトロCMも作曲しました。   数多くの皆さんも青春を思い出す時、彼が …

クリスマス赤ちゃんにあげたい2017年プレゼント1位〜5位!

スポンサーリンク こんにちわ。 2017年のクリスマスも近づいてきましたね。赤ちゃんにもクリスマスならプレゼントをあげたいと思うはずです。 そんな要望にお応えして、今回の記事は赤ちゃんに向けたクリスマ …

プロフィール

管理人のTAKAです。
千葉在住のIT系のライターです。
■趣味
バイク
休日バイクに乗りますが、雨が降った時はたまらないので、ずぶ濡れになって帰ってきてから近くのサウナに行きます。
■結婚
未婚
彼女の兄弟が講談社に勤務しているので、芸能系の直近情報を記載していきます。